エッチングとはどんな所に使われているのでしょうか

エッチングは印刷技術として使われました

エッチングは塑形やまたは金属の表面を加工するための技術で、化学薬品や腐食させることを利用して行います。加工する素材の表の残したい部分だけを防錆処理をしておき、腐食剤によって要らない部分を溶かして食刻し、目的の形にします。銅版の版画や印刷技術として発展してきた歴史が長く、銅や亜鉛の金属を加工するのに用いられることが多い方法です。腐食する物であれば、どんな素材の塑形・表面の加工に使うことが可能です。版画や印刷においては、防食処理を施した銅版の表面を針で削り、その後、腐食させることで凸凹の面を作り出します。これは間接的に板を加工するため、直接技法ではなく間接技法と呼ばれます。

エッチングが使われる技術

エッチングは金属の観察や検査に、腐食液であるエタノーノルと硝酸を混ぜたナイタールに浸けるなどにも利用されています。他にも電子回路ではプリント基板の作成や、金属加工の分野では押し付けて形を造るプレスでは作成が困難な複雑な加工に用いられます。半導体工学の分野では弗酸などの液体を用いたウェットエッチングと、四フッ化炭素などのガスを用います。さらにガラスの装飾技法としてガラスエッチングという方法があります。この技法はステンドグラスの技術と一緒に海外から明治時代に持ち込まれました。医療分野においては歯科で用いられています。歯の表面を脱灰処理もエッチングといい、窩洞形成のあとにその表面に付いている汚れを取り除くことや、切削によって形成されたスミヤ層を取り除くときに使われています。

酸洗いで、最も効果を発揮するのは、金属の汚れです。塩酸洗浄、硝酸洗浄等、種々の酸洗浄がありますが、イオン化傾向を理解して、洗浄法を選ぶのがコツです。