まず知っておきたい!CADについての基礎知識

そもそもCADとはどんなものか?

CADとは、「Computer Aided Design(コンピュータ設計支援)」の略語であり、コンピュータを使って図面を作成することや、そのコンピュータソフトのことを指します。従来の手描きによる図面作成に代わるものとして活用されるほか、データ化や修正が容易にできるなどのメリットがあります。また、ソフトを提供しているメーカーや、用途(建設や機械など)によって種類があるほか、平面図面を作成できる2Dや、立体図面を作成できる3Dのものなどがあります。

CADで仕事をするときに必要なスキルは?

CADは作図に便利なツールですが、それを使いこなすためには一定のスキルが必要になります。パソコンなどのコンピュータを扱えることはもちろんですが、CADのソフトを自由自在に使いこなせることや、図面そのものを理解していることも必要です。早さと正確さを求められる職場では、ソフトの扱いに習熟していることが必須になりますし、自分の扱っている分野の図面に対する理解がなければ正しい図面を作成することはできないでしょう。

CADの活用法とは?

CADが活用されている分野は、建築や機械、そしてプロダクトデザインなどさまざまです。そして、これまでの手描きによる図面作成に取って代わるということだけでなく、CADならではの活用法もあります。例えば、データのやり取りが容易なため多くの人とデータ共有がしやすいことや、分業がしやすいことなどが挙げられるでしょう。さらに、図面の部分的な差し替えや変更なども、CADであれば容易に行うことができます。

水道CADは操作が簡単なのでパソコン操作が苦手であってもその日のうちにすぐに見積りを出すことができます。