整骨院ってどんなところ?上手に使って、体調改善!

整骨って、どういう意味?

整骨という字を見てみると、骨を整える?ということなのですが、理解しがたいですね!整骨院を開くために必要な免許は、柔道整復師免許なのですが、そうすると整骨=柔道整復術ということになります。

柔道整復とはどんなもの?

柔道整復とは、骨・関節などに生じる骨折・脱臼・打撲・捻挫などの損傷に対し、整復・固定などを行う治療とあります。簡単に言えば、怪我・骨折・脱臼に対し、骨折・脱臼したものを正常な位置に戻し、固定するということでしょう。

使えるの?使えないの?

整骨院に行く場合、気になるのが保険が使えるかどうかということです。答えは、安心して下さい!使えます。ただし、柔道整復の施術に関わる部分のみだそうです。柔道整復術以外に関しては保険が使えないということなので、肩こり・腰痛など整体のような施術は保険が使えないということになります。

整骨院と整体院、どっちでも変わらないの?

では、整体院も整骨院も違いはないのでしょうか?保険に関しては、そうかもしれません。噂ですが、整体師の中には整体の本を読んだだけで開業している人がいるということを聞いたことがあります。実のところ、安全に施術するためには、解剖学、生理学・病理学の知識が最低限必要となるのです。そうすると、柔道整復師は、3年以上、解剖学・生理学・病理学を学び、国家試験をパスしています。どちらを選ぶか?それは決まっていますよね!

どんな症状で利用すればいいの?

当然ながら、脱臼・骨折・捻挫はスペシャリストです!肩こり・腰痛なども利用できますが、この分野は整骨院によって、レベルの違いが生じているみたいですので、良い整骨院を見つけることが一番大切だと思います!

整骨院とは、柔道整復師の資格を持った人が患者に患部を和らぐように施術をすることです。保険が効く場合もあります。