住宅建築をする場合の業者選びについて考える

ハウスメーカーと工務店の違いとは

住宅を建築するときには、建築業者を選ぶ必要がありますが、多くの場合ハウスメーカーと工務店の2択になるはずです。例えばインターネットで住宅建築について検索をすると、ほとんどハウスメーカーと工務店のホームページばかりが出てくるはずです。この二つのうちどちらかを選ばなければなりませんが、そもそも住宅に関して初心者であれば二つの違いがはっきりとわからないでしょう。では、この違いはなんでしょうか。

まずハウスメーカーの特徴は規模が大きいことです。規模が大きいため資力があるのが特徴です。よくモデルハウスが国道沿いなどにありますが、モデルハウスの多くはハウスメーカーが所有しています。これに対して工務店は規模が小さいことが多く、地方密着型であることがポイントです。ハウスメーカーのようにモデルハウスをもっているところは少なく、その代わり、過去にその工務店が建築をし、既に人が住んでいる住宅で内覧会行うことが多いです。

価格や竣工期間はどのように違うか

価格についてはどうでしょうか。価格は、通常ハウスメーカーの方が高い傾向があります。なぜなら、ハウスメーカーは自社特有のブランドを所有しているからです。ブランドの分だけ価格が高くなる傾向にあります。一方、工務店は自社特有のブランドを所有していないため、安い料金で建築することができます。

建築期間についてはどうでしょうか。建築期間に関してはハウスメーカーの方が、決まったパッケージをもっているため早いのが特徴です。一方工務店はハウスメーカーよりも時間がかかりますが、その分柔軟に対応してくれます。細かい要望を聞いて欲しい場合には工務店の方がメリットが大きいです。

住宅のフランチャイズの仕事内容は、専業主婦や学生の力を生かすことができるため、将来性に注目が集まっています。