人には相談できない悩み…女性器整形を考えてみた

実は!人知れず悩みを抱えている女性が多い

人と比べることができない…だからこそ気になるデリケートゾーンの悩みってありますよね?実際には「異常」ではなく、手術の必要がない場合もありますが、人によっては日常生活に支障が出たり、精神的な苦痛を感じている場合もあります。その場合、美容整形で悩みを解消するという方法があります。

多くの美容外科から選ぶ

では、『女性器整形』を検討する場合、一体どんな病院を選ぶべきでしょうか?

まずはあなたの深刻な悩みをじっくり聞いてくれるところです。女性の医師がいる事を謳っているところや、これまでの実績や価格帯を開示している病院は安心感がありますね。

どんな手術が受けるられるの?

症状によって様々な手術があります。

・小陰唇を縮小したり形を整える

・膣の縮小(締りをよくする)

・処女膜再生

・黒ずみ除去

例えば、比較的多くの方が希望されるという小陰唇の縮小手術をした場合、日常生活の中での圧迫感や、ムレ・かぶれ・においに対する悩みが解消される事が期待できます。

しかし、手術後は一定期間入浴や運動、セックスが制限されます。

まずは相談してみよう

生まれもった形や色、またはそれに付随する悩みがある一方、「成長期の激しい運動によって破れてしまった処女膜を再生したい」といった事情や、「出産や加齢によって膣が緩んでしまった」という悩みから、「感度が悪くなってしまった」という悩みがある方もいらっしゃいます。人には話しにくい悩みであるかもしれませんが、まずは相談してみることで、少しでも解決に向かう場合もあります。

女性器整形を女性がする大きな理由は、性的なコンプレックスやより良い性生活のためです。整形をすることで自信がつく人がいます。