3DCAD導入で得られるメリットとは一体何?

立体的な図面は形状の把握を容易にする

CADの導入は、人力で行っていた製図をコンピューターできるようになり設計作業の効率化をもたらしてくれました。

さらに最近CADは従来の2Dから進化して、3Dで製図ができるようになっています。

3DCADの導入で、2DCADよりもさらにメリットを得ることができます。

3DCADは立体的に図面を捉えることが可能です。設計者でも違う人の描いた図面を読み取るには時間を要しますが、ひと目見ただけで図面を容易に理解できるようになります。これは、設計者以外の人にも当てはまり、形状を理解するのに専門知識を必要としません。したがって、設計者だけでなく顧客、営業部門、生産部門など関連部門と開発段階からコミュニケーションを円滑にできるようになり、よりよい製品を作り上げていくことを可能にします。

設計の初期段階からの干渉確認

また、3DCADでは製品に部品を組み付けたときの干渉確認ができます。これは、製品の質を高めることと同時に開発コストの削減に大いに貢献してくれます。これまでなら、試作品を制作してみないと干渉確認はできないものでした。

ですが、3DCADでは製品開発の初期段階から品質をチェックしていけます。設計時の人為的ミスで部品が取り付けられないなどのトラブルの回避が可能です。

このことは設計の変更にかかる費用の削減につながり、製品開発全体のコストをも大幅に削減できます。製品の開発終盤にかけての設計変更は、生産設備など同時進行しているプロジェクトにも影響が及びます。ですので、設計時から干渉確認をできるメリットは非常に大きなものです。

電気CADとは電気設計を専門とするCADです。電気設計を多様に助ける機能があります。配電盤や制御盤などのパーツをクリックして機器の配置ができます。